30代男性でかっこいいとダサイの分かれ目、パンツの丈があってる?

30代モテファッションをもっとみてみる

 

 

30代男性でかっこいいとダサイの分かれ目、パンツの丈があってますか?

 

背の高い男性にありがちなのがパンツの丈があっていないことです。30代男性の場合、20代の頃から同じパンツを履き続けているひともいると思います。若い頃なら許されたことも30代ともなるとただただ「ダサい!」と切り捨てられてしまうので注意しましょう。寸足らずのパンツを履いていて、靴下がはっきり見えてしまっている男性がいます。普通に立っている状態で見えているということは、椅子に座ったらパンツがずりあがり、靴下が丸見えになってしまいますよね。足が長いことは悪いことではありません。モデルさんたちだって長身で足がすごく長いですよね。だから体形にあったパンツをかっこよく履きこなせばすごく素敵になれるんです。パンツを買おうと思って試着したら少し短い、なんてこともあるでしょう。そこで妥協して買っちゃいけません。

 

ちゃんと丈があっている商品を置いているお店を探しましょう。また30代男性、持っているパンツで丈が短いものがあるなら処分しちゃいましょう。あると履いてしまいますから。また、どうしても丈の短いパンツしかない、というぐらい長身ならば、あえて「アンクル丈パンツを履いている」風な着こなしをしてみてください。ストレートパンツだとそう見せるのは難しいので、ゆったりめのテーパードパンツを見つけるといいです。靴下は見えてもいいものを選ぶか、靴からみえないタイプの靴下を選び、下半身のトータルバランスがいいかどうかをチェックしてみましょう。アンクル丈パンツを選んでしまうとクロップド丈みたいに短すぎてしまうでしょうから、普通に長い丈のものを選ぶとちょうどいいでしょう。いまは足首を見せて着こなすおしゃれがちょうど流行っているのでおすすめです。30代男性がパンツ丈で失敗するとひとめで「ダサく」見えてしまうので絶対注意しましょうね!

 

30代メンズファッション、スプートニクスのコーデをみてみる