30代モテコーデの私服で要注意!柄がついてるとガラが悪く感じちゃう

30代モテファッションをもっとみてみる

 

 

30代モテコーデの私服で要注意!柄がついてるとガラが悪く感じちゃう

 

まだ私が会社にはいりたてのころの話です。その頃、一緒に働いている男性の中で30代の男性というカテゴリーのかたがなぜだかとても魅力的にかんじました。きっと、大学をでたばかりの20代の男性より仕事にも慣れ、自分のペースでチャキチャキと仕事をこなす姿がとてもかっこよかったんだと思います。誰かがミスをしても、自分に余裕のある30代社員はフォローまでできてしまう、なおかつ40代のようなおじさん臭さはまだない、そんなところに魅力を感じたんだと思います。また仕事中のスーツ姿が本当にかっこいい。ネクタイをゆるめる瞬間なんてドキッとしてしまいました。

 

そんなある日、30代の私がいいなと思っていた男性にご飯に誘われました。心底うれしかったので、ワンピースで会社ではみせないような女の子らしいファッションで待ち合わせ場所に行きました。待っていると、その男性が現れたのですが、まるで別人でした。あのかっこよかったスーツの男性はどこえいったのと思うくらいでした。今まで二人で会った男性のなかで一番ださいと感じました。その男性のファッションは私のためにあえてのわかずくりなのか、黒のロンTに白地で英語の文字が入っていました。そこはまだ100歩ゆずって許しても、ズボンが「柄」しかもださい「柄」和柄というのでしょうか、どこで買ったんだよと突っ込みたくなるほどでした。

 

もう、ご飯中、こいつが彼氏と思われませんようにとずっと思っていました。とにかく柄のズボンに大き目の字の書いてあるロンT。柄、柄コーデは勘弁してほしかったです。着る人によってはかっこいいかもしれませんが30代なのでもう少し落ち着いたコーデがよかった。私だったら、30代モテコーデの私服には落ち着いた服装をしてほしいです。細見のかたなら、細身の黒のズボンに白のシャツだとか、Tシャツでもグレーや紺で、ズボンはGパンだとしても穴などあいていないもの。とにかく、シンプルにポロシャツにズボンとか何も柄がないものがいいです。

 

30代メンズファッション、スプートニクスのコーデをみてみる