30代モテファッション春コーデの秘訣!「イタい」センスに要注意

30代モテファッション春コーデをもっとみてみる

 

 

30代モテファッション春コーデの秘訣!「イタい」センスに要注意

 

男女に限らず精神年齢が低くなったとされる今の時代、年下の世代や世間からの視線と本人の自意識が最も乖離している世代が30代ではないかと思います。中でも、30代の半ば以降となれば「立派な大人」であり、もはや「中年」の域に差し掛かっていると思うのですが、しばしば言動が子供じみた人も見受けられます。

 

それはファッションにも顕著に表れます。30代モテファッション春コーデで、どんな服装をしても本人の自由。とは言え、30代にもなってやたらと原色を使っていたり、いまどきオーバーサイズのブカブカB系ファッションは「イタイ」印象しか与えないように思えます。もちろん、それが似合う方もいらっしゃるのは間違いないのですが、やはりそんなのはごく一部。アパレル関係や音楽・デザインの仕事についている方たちはその内面から滲む雰囲気もありますし、またパっと見は同じような服装であってもそのシーズンの最新のモードを着こなしていますが、それはなかなか真似できるものではありません。かと言ってあまりに落ち着きすぎた服装も実年齢以上に老け込んでしまい、やはりそれはそれで「ダサい」と言えると思います。

 

では30代モテファッション春コーデを具体的にどうするか?まず30代モテファッション春コーデは、足元から固めるのはどうでしょうか。スニーカーは楽ではありますが、ややカジュアルに過ぎます。それを皮素材の靴に変えるだけでグっと印象が引き締まります。特にオイルドレザーの黒のブーツなどはどんなパンツにも合わせやすく、一足良いものをもっているだけでとても便利です。そしてパンツはやや濃い目の発色の良いものを選べば、こちらも締まって見え、少し崩れかけてきた体型もカバーできると思います。10代、20代であればTシャツやスウェットでも十分ですが、年齢を重ねることによって無理も出てきます。ここはキチンと襟のついたシャツ、またTシャツであっても上にジャケットを羽織るなどをして大人っぽい雰囲気を醸してはどうでしょうか。ほん少し「大人」を意識するだけで、30代以降でも十分に30代モテファッションを楽しめると思います。

 

 

151515151