30代メンズファッションは羽織りものを!紙一重のコーディネート

30代メンズファッション、スプートニクスのコーデをみてみる

 

 

30代メンズファッションは羽織りものを!紙一重のコーディネート

 

30代の男性のファッションは、ラフ過ぎるのもあまり好きではないのですが、変にきちんとしている感じも好きではないです。たとえば、シャツをインしたり、ボタンをきちんと全部閉めたりするのは、ダサいと思います。女性のファッションの場合は、インしたり、ボタンを閉めることがオシャレな場合もありますが、男性の場合は、絶対にダサくなってしまいます。

 

大学の後輩に、そういうファッションをする男性がいました。着ている洋服自体は、高価な物だったり、ちゃんとしたブランドの物だったりするのですが、それを上手く着こなせていませんでした。洋服を単品で見るとオシャレなのに、彼が着ると、ダサくなってしまうという残念な人でした。それでいて、自分はオシャレだという意識が高かったので、手が付けられませんでした。

 

また、ブランド品は私も好きな方ではありますが、それが前面に出ているのもダサいと思います。例えば、バーバリーチェックが強調されているシャツや、グッチのロゴが入ったベルトなどは、オシャレとはほど遠く、下品とさえ感じます。ジーパンも重要なアイテムです。女性であっても、ジーパンの善し悪しは、多少は見抜けます。あまりにもダメージが効きすぎたものも、オシャレではなくなると思います。しかし、青々としているジーパンや、肉の霜降りのようなジーパンもダサいと思います。やはり、清潔感ときれいめ系の服装が女子ウケすると思います。

 

私の元彼は、個性がなさ過ぎて何の特徴もないファッションでした。それもまた、自分というものを主張できておらず、ダサいと感じます。いつも、無難な感じの無地のシャツやチノパンを履いており、見ていて飽きました。私は、シンプルな感じで、アクセントが少しあるようなファッションがオシャレだと思います。Tシャツにデニム、それにシャツやジャケットを羽織るようなスタイルが好きです。

 

 

151515151