30代になってもダブダブ服を着てる人って、残念だと思いませんか?

30代メンズファッション、スプートニクスのコーデをみてみる

 

 

大人になってもダブダブ服を着てる人って、残念だと思いませんか?

どんなに高価なブランド物の服を着ていても、それが似合っていなければ残念なヒトになってしまいますよね。単にオシャレの仕方がわからなくて、とりあえず有名なブランドの服を着ていれば問題無し、と勘違いしている人も中にはいるのかな?と想像しますが、真の(?)勘違い男は、自分が服のトレンドをよく知っていて、流行っている着こなしとはこういうものだ、という知識も有って、それを実践しているのだ、という自負がある人で、それなのに!あぁ、肝心なところでミスしちゃってる・・・人なんじゃないのかな、と思うんです。その「ミス」とは、適当に買いそろえただけで、サイズが身体に合ってない服を着ているということ。そういう人を電車の中などで見掛けると、自分の知ってる人でもないのに「ちょっと!勘違いしてんじゃないわよ!」とツッコミたくなってしまいます。実際、雑誌などで仕入れた情報どおりの格好をしているのだから、モテて当然、オレってイケてるだろう?って考えてるふうが妙に自信有り気なその表情から見てとれます。残念・・・です。

 

具体的に、どんなことかと言うと、例えば袖が長過ぎるシャツを着ている人。どんなに上質な生地のブランドシャツであっても、全然イケてません。あぁあ、カフリンクスまで頑張ってるけど、親指の付け根くらいまでかぶった袖、気になってしまいます。それから、スーツの肩幅が合ってない場合。あまり小さ過ぎる、というのは見掛けないですが、大き過ぎて肩が少し落ちているという人は結構多いように思います。アウトレットとかセールで買ったんでしょうか。あぁ、カッコ悪いんですよ、そういうの。残念。
と言う訳で、逆にジャストフィットの服を着ている男性は、それだけでオシャレに見えます。スーツなども有名ブランドである必要は全くないと思います。オーダーでもこなれた価格で作れるところもあるし、やっぱり体にピッタリ合った服は第一着易いし、見た目も良く、服本来のシルエットが出るでしょう。ある意味、サイズを気にして服を買っている人は、服の着こなし方を知っている人なんじゃないかなとも思うんですよね。そういう人、オシャレです!

 

151515151