30代メンズ大人ファッション@時が止まってしまっている人は要注意

30代メンズ大人ファッションでモテる着こなしをみる

 

 

30代メンズ大人ファッション@時が止まってしまっている人は要注意

 

年齢を重ねると、着る洋服も変わってきますよね。10代向けのファッション雑誌と30代、40代向けのファッション雑誌に載っている格好は全然違います。その年代に合った服装というのがあるわけでして、、、。私が感じるダサい30代男性のファッションというのは、何を隠そう恥ずかしながら自分の旦那の格好です。旦那は顔の作りが若いのですが、30代後半にも関わらず、大学生とよく間違えられます。なぜかというと、それが全然自慢のできる理由ではないんです。理由はズバリ、服装が大学生で止まっているから。旦那は洋服に全く関心がありません。30代メンズ大人ファッションできず、ダメージ加工のしてある色あせたパーカー、ボロボロに履き古したジーパン、それに履き潰したスニーカーが旦那の通勤服であり、私服でもあります。若い時はそれでもいいんです。体から溢れ出るフレッシュな感じで、ダメージ加工がファッションの一部として認識できるから。

 

でも30代メンズ大人ファッションなら同じ格好をしてはいけません。くすんだボロボロの肌でダメージ加工・・・。もはや、ワザと施された加工なのか、長年着倒して穴が空いたのか分からない状態。みすぼらしい感じを受けて、どうもダサいんです。小学生の子供もいるのに、本当にこれは恥ずかしい。いくら童顔でも、10歳以上若く見えることは稀有です。旦那が大学生に間違えられるのは、格好があまりにもカジュアルというか、年齢に見合っていないためなんです。『ダメージ加工』これは10代の若者の特権だと私は思います。30代になったら、それはもう卒業して、なるべく綺麗めの格好を目指していただきたい。30代ともなれば、どうしようもない加齢臭や、肌のたるみ・シミ・しわなど、ガタが出てきてしまうのは、しょうもないことです。30代メンズ大人ファッションで綺麗めの格好をしていれば、そのガタが少しだけ緩和される。清潔感がプラスされるんです。きちんとアイロンのかかったシャツ、落ち着いたダーク色のストレートパンツにカーディガンをサラリと羽織るだけでいいんです。自分を客観的に見ることは難しいですが、ぜひ一度、本当に自分の年齢にあった服装なのか、周囲の同年代の方を参考にしながらでも、振り返っていただけると幸いです。

 

好感度が高い、デートメンズコーデを見てみる